肌質別のケア方法

肌質は人によって異なります。また、生活環境によって途中で変化することもあります。肌質によって適切なケア補法がちがうので、正しいケア方法を学ぶにあたり、まずは自分の肌質を分析するところから始めましょう。

肌質には、大きく分けて4種類あります。普通肌、オイリー肌、乾燥肌、そしてオイリー肌と乾燥肌が部分的に混在する混合肌です。基本的に、乾燥肌は保湿を心がけ、洗顔時には皮脂を取りすぎないよう、弱めの洗顔石けんでやさしく洗う必要があるでしょう。

オイリー肌の場合、皮脂も水分もよく分泌されるため、保湿は必要ないのではないか、と思われがちです。しかし、オイリー肌も保湿は大切。皮膚表面に皮脂が出やすくても、角質層は乾燥してしまっている、というケースが多いのです。

ですから、どの肌質であったとしても共通するのは、保湿をきちんとする必要がある、ということです。特に、鼻やおでこなどTゾーンと呼ばれる部位は皮脂が分泌されやすいですが、目の周りや口元は皮脂腺が少ないために乾燥しがちです。混合肌の場合はその差が顕著です。皮脂腺の少ない部位はとくに保湿を忘れないようにしましょう。

話を乾燥肌のケア方法に戻しますが、乾燥肌はバリア機能が弱く、皮膚表面の角質層が乱れやすいので、肌に刺激を与えないよう、やさしく扱いましょう。保湿をするため、ヒアルロン酸でのケアも有効です。