乾燥肌はトラブルの元

さまざまなトラブルを引き起こすお肌の乾燥。ニキビや吹き出物、痒み、赤み、シワやシミに至るまで、お肌トラブルの原因は乾燥にあるといわれています。また、乾燥肌は老化を早めてしまうので避けたいものです。ところで、お肌の乾燥はどのようにしてこれらのトラブルを引き起こすのでしょうか?そのメカニズムについて知れば、保湿の大切さが見えてきます。

私たちの皮膚は、表面に皮脂膜があり、水分の過剰な蒸発を防いでいます。つまり天然のクリームの層があるようなものです。ついで、角質細胞内の天然保湿因子が細胞同士の隙間を埋め、水分を留めています。また、セラミドとよばれる角質細胞間脂質が角質層の細胞間に存在し、水分の蒸発を防いでいます。これらの成分の働きにより、皮膚表面にバリアがつくられ、お肌をウイルスや細菌から守っています。

ところが、強い石けんで洗いすぎたりタオルで擦りすぎたり、紫外線に当たって肌が傷んだりすると、表面の角質がめくれてしまい、水分があっという間に蒸発してしまいます。その結果、お肌のバリア機能が弱まり、アレルギーや赤み、湿疹、痒みなどが出やすくなるのです。また、乾燥した肌は弾力が失われるため、皮脂の排出が困難になり、にきびや吹き出物ができやすくなります。

さらに、バリア機能の弱った乾燥肌は紫外線の影響を受けやすくなり、シミやくすみが出やすくなります。このように、乾燥はありとあらゆる肌トラブルを招いてしまいます。お肌を健康な状態に保つためには、保湿することが基本になります。