ヒアルロン酸を補おう

お肌の角質層には、お肌の水分を保ってくれる天然保湿因子が存在し、細胞間の間を埋めています。天然保湿因子のひとつがヒアルロン酸。ヒアルロン酸には、1gあたり6リットルもの水分を保持できる保水力があります。細胞間のヒアルロン酸の量を保つことができれば、お肌をみずみずしい状態に保つことができそうです。

お肌の保湿を助けるため、ヒアルロン酸が配合された化粧水や乳液、美容液が販売されています。それを使用するのと同時に、ヒアルロン酸サプリも役立つでしょう。体の外側からだけでなく、体の内側からも保湿ができたらいいでしょう。

ヒアルロン酸が含まれる食品には、動物のお肉が挙げられます。しかし、食品に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいため、腸からの吸収が不可能だと言われています。ヒアルロン酸のサプリメントは、ほとんどが低分子化された、分子の細かい状態になっているため、体内への吸収が可能。体内のヒアルロン酸量を増やしたいなら、ヒアルロン酸のサプリメントが役立つでしょう。

ヒアルロン酸のサプリメントの効果を上げるため、コラーゲンやセラミド、ビタミン類の摂取も役立ちます。また、バランスの良い食生活を心がけ、お肌の健康を促進させましょう。

推奨HP・・・http://s.bjn.jp/
飲むヒアルロン酸の通販サイト≪お肌の駆けコミ寺≫です。

肌質別のケア方法

肌質は人によって異なります。また、生活環境によって途中で変化することもあります。肌質によって適切なケア補法がちがうので、正しいケア方法を学ぶにあたり、まずは自分の肌質を分析するところから始めましょう。

肌質には、大きく分けて4種類あります。普通肌、オイリー肌、乾燥肌、そしてオイリー肌と乾燥肌が部分的に混在する混合肌です。基本的に、乾燥肌は保湿を心がけ、洗顔時には皮脂を取りすぎないよう、弱めの洗顔石けんでやさしく洗う必要があるでしょう。

オイリー肌の場合、皮脂も水分もよく分泌されるため、保湿は必要ないのではないか、と思われがちです。しかし、オイリー肌も保湿は大切。皮膚表面に皮脂が出やすくても、角質層は乾燥してしまっている、というケースが多いのです。

ですから、どの肌質であったとしても共通するのは、保湿をきちんとする必要がある、ということです。特に、鼻やおでこなどTゾーンと呼ばれる部位は皮脂が分泌されやすいですが、目の周りや口元は皮脂腺が少ないために乾燥しがちです。混合肌の場合はその差が顕著です。皮脂腺の少ない部位はとくに保湿を忘れないようにしましょう。

話を乾燥肌のケア方法に戻しますが、乾燥肌はバリア機能が弱く、皮膚表面の角質層が乱れやすいので、肌に刺激を与えないよう、やさしく扱いましょう。保湿をするため、ヒアルロン酸でのケアも有効です。

乾燥肌と老化の関係

乾燥肌と老化には切っても切れない関係があります。乾燥肌はお肌の老化を招き、老化は肌を乾燥させます。この悪循環を断つためには、お肌の保湿を心がけることが大切でしょう。

お肌の水分量は、年齢が上がるにつれて減少します。これは、角質細胞内に存在する天然保湿因子が減少してしまうからです。天然保湿因子とは、アミノ酸、尿素、グリセリン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがあり、どれも細胞間で水分を保持する役割があります。これらの天然保湿因子は、30代以降急激に減少を始めます。

細胞間から天然保湿因子が減少すると、角質細胞はバリア機能が弱まり、これまで以上に紫外線の影響を受けやすくなります。すると、メラニンができやすくなります。メラニンはお肌を保護するための、一種のバリア機能と言えます。お肌を紫外線の害から守ろうと、メラニン色素がつくられるのです。これがつまりシミやくすみのもとになります。

このように、お肌の乾燥はシミやくすみなど、お肌の老化を引き起こしてしまうのです。角質内の天然保湿因子は年齢が上がるにつれどうしても減少してしまうので、ヒアルロン酸が含まれた化粧品やサプリメントを活用し、お肌の水分量を保持できるよう助けてあげるとよいでしょう。

乾燥肌はトラブルの元

さまざまなトラブルを引き起こすお肌の乾燥。ニキビや吹き出物、痒み、赤み、シワやシミに至るまで、お肌トラブルの原因は乾燥にあるといわれています。また、乾燥肌は老化を早めてしまうので避けたいものです。ところで、お肌の乾燥はどのようにしてこれらのトラブルを引き起こすのでしょうか?そのメカニズムについて知れば、保湿の大切さが見えてきます。

私たちの皮膚は、表面に皮脂膜があり、水分の過剰な蒸発を防いでいます。つまり天然のクリームの層があるようなものです。ついで、角質細胞内の天然保湿因子が細胞同士の隙間を埋め、水分を留めています。また、セラミドとよばれる角質細胞間脂質が角質層の細胞間に存在し、水分の蒸発を防いでいます。これらの成分の働きにより、皮膚表面にバリアがつくられ、お肌をウイルスや細菌から守っています。

ところが、強い石けんで洗いすぎたりタオルで擦りすぎたり、紫外線に当たって肌が傷んだりすると、表面の角質がめくれてしまい、水分があっという間に蒸発してしまいます。その結果、お肌のバリア機能が弱まり、アレルギーや赤み、湿疹、痒みなどが出やすくなるのです。また、乾燥した肌は弾力が失われるため、皮脂の排出が困難になり、にきびや吹き出物ができやすくなります。

さらに、バリア機能の弱った乾燥肌は紫外線の影響を受けやすくなり、シミやくすみが出やすくなります。このように、乾燥はありとあらゆる肌トラブルを招いてしまいます。お肌を健康な状態に保つためには、保湿することが基本になります。